iPhone用セキュリティソフトが販売されない理由

###Site Name###

スマートフォンはコンピュータの一種であり、常時インターネットに接続している特徴があるため、セキュリティ対策が重要になってきます。

電話番号やメールアドレス、スケジュールなどスマートフォンは個人情報が多数記録されているので、万がマルウェアに感染したり、悪質なアプリをダウンロードした場合、個人情報がインターネット上に拡散したり、スマートフォンの記憶装置の中から消去される恐れがあります。

そのため、スマートフォン向けのセキュリティソフトが販売されいます。


しかし、どのセキュリティソフトでも、iPhone向けには販売されていません。

その理由は、iPhoneにはセキュリティソフトが必要ないからです。



スマートフォンは、アプリと一般的に呼ばれるアプリケーションソフトを、専用のサイトからダウンロードすることによってそのアプリの機能を使用できるよう作られており、マルウェアや悪質なアプリが個々のスマートフォンに侵入してくる経路も、この専用のサイトからダウンロードされるアプリによるものが殆どです。しかし、iPhone等に用いられている基本ソフトのiOSを対象としているマルウェアはまだその存在が確認されていません。

その理由は、iPhone用のアプリをダウンロードできる専用のサイトに新しいアプリを公開するためには、厳格な審査が行われているためです。



そのため、ウィルス等のマルウェアに感染したアプリやマルウェアとして機能するアプリを専用のサイトで公開できる可能性が極めて低いのです。

もちろん、可能性が低いだけでゼロではありません。



アプリをダウンロードする際にはその紹介文や開発者の情報、それに評判レビューを確認し、個々人で判断する必要があります。