iPhone用のケースについて

###Site Name###

iPhone用ケースは裏面を保護するタイプから全体を包み込んで保護するタイプまで様々用意されています。

多くの場合は裏面を保護して、表面、液晶部分は液晶保護シートで守るという方が多いようです。iPhone用のケースはデザイン面で凝った物が多いのが特徴です。



iPhoneは3から3GS、4と4S、5と5S、6と6Plusと世代ごとにケースの大きさが変わりますが、販売数が多いために各メーカーとも同じデザインで複数の世代用に出すことが多いようです。



現在一番利用が多いと言われています5と5Sが一番売れていますが、最新機種用もすぐに出すことが多いようです。

ケースについてはデザインを自分で決めることはできなかったのですが、最新のケースでは3Dプリンタを使ってユーザーからデータを受け取り自分だけのケースを作ってくれるサービスも始まっています。


3Dプリンタ用のデータはiPhoneのボディデータを無償提供し、それにデザインを施すことができるサービスとなります。



特に裏面ををいじる方が多いですが、3Dプリンタの特徴である側面へのデザインもできるので利用者が増えています。

値段は一般的なケースの倍近いことも多いようですが、デザインを重視したい特に女性からの注文が多いようです。

ケースについてはキャラクターをあしらったものが多かったのですが、シンプルな色で機能性を重視したケースも売上を伸ばしており、各メーカーでさまざまなデザインを販売しています。